食育

2月5日 食育の授業に中央区の佃島小学校に行ってきました。

調理師学校に料理を教えにいったことはあるけれど、小学校で授業をやるのは今回が初めて。

子供たちが凄くかわいくて、目がきらきらして、とても素晴らしい生徒たちでした。

教えるというより、子供たちからたくさん学んだ感じもします。

日本味覚教育協会の呼びかけでボランティアで集まった講師の方3名とペアを組みました

レストランみつ和GINZAからは僕と古屋シェフ、パティスリーmituwaから岡本シェフの3人

3年生を3クラス対象とした 味覚の授業ですが そちらは講師の方が進めて、

僕たちの役割は主に、心のこもった食べ物をみんなで一緒に食べると楽しいということを子供に伝えること。

しかし、やはり大人が理解しなくてはいけません。

2005年から食育基本法という法律も出来て、国をあげて食育に取り組む今、その重要性は僕も感じていました。

服部幸應先生の本を読むとやはり重要なのは朝食と書いてあります。

朝食を楽しく家族で食べる家庭ってやはり良いですよね。健全です。

子供が早起きして、一緒に朝食を楽しく食べる環境を作りましょう。

僕は仕事の都合で深夜に帰宅するので晩御飯は一緒に食べられませんし、

昨年までは単身赴任でした。

各家庭いろいろ都合もあるでしょうけど、歩み寄ることはできるのでは、

簡単なようで最初は難しい、これはやはり大人の責任です。

自分が変わらなくては周りも変わりませんよね。

川端清生

食育のすすめ
スポンサーサイト

Comment

2010.02.09 Tue 20:23  |  ありがとうございました

本当に、子供の力に助けられ、シェフのお人柄に魅了された1日でした。食育、味覚、共に奥が深く近道は無いですが、まずは自分から変わります。ありがとうございました!






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://chefsk.blog115.fc2.com/tb.php/70-475f7bee

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

川端清生

Author:川端清生
kawabata sugao

2014月 9月
テロワール ・カワバタ
東京外神田に開業

新宿調理師専門学校卒業
国内のレストラン、ホテルを経て渡仏
メゾン・マルク・ヴェィラ 3つ星
ジャン・ピエール・ビュー 2つ星
ロアジス 2つ星
ジョルジュ・ブラン 3つ星
パティスリーダニエル・ジロー
4年間のフランス修行後
ホテルやレストランの料理長となる
数々の料理コンクールで優勝

クラブ アトラス理事
国際料理コンクールボキューズ・ドール2003日本代表
フランス料理アカデミー日本支部会員
ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会日本支部会員
国際料理コンクールボキューズ・ドール日本代表選考審査委員
日本ソムリエ協会シニアソムリエ
日本酒利酒師
焼酎利酒師

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Top