スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京吉兆本店 そのⅢ \ 65000のランチ

東京吉兆本店 そのⅠ そのⅡがありますので是非そちらからご覧ください

エレベーターで上の階へ移動 エレベーターの中には椅子が置いてありました そこにも細かい配慮が
CIMG1743_convert_20100114204044.jpg

この部屋は天皇陛下やダイアナ妃など国賓も使用したそうです

細部まで豪華な造り  写真左上の方に富士山の七宝焼きがあります、この七宝焼きは赤富士だとかそれぞれ違う物がいろんな所に飾ってあります。

テーブルの下は掘りごたつ式になっていて座るのが苦手な僕でも大丈夫

CIMG1742_convert_20100114204654.jpg

掛け軸と花

CIMG1746_convert_20100114211311.jpg
一品目の料理
冬なので藁ぶき屋根の上には雪が降らせてありました
手前の蓋は丑年の牛の形 後数日で寅年になります。

CIMG1747_convert_20100114211349.jpg

屋根と牛の蓋を取ると中はこんな感じ 素晴らしい
丁寧に作ってあります。
鮑 海老 千車 手前があん肝  それにしてもこの鮑は何でこんなに柔らかいのだろう?
中華の鮑みたいに柔らかかったです 中華の鮑は薬品で柔らかくしている物が多いそうですが
僕は薬品を料理に使うのは嫌いなので大根を一緒に入れて柔らかくしていますが
どうやったらここまで柔らかくなるのか知りたいです。

CIMG1755_convert_20100114211622.jpg

蟹が出てきました 殻にいっぱいに身が詰まった極上の蟹です
菊の花の酢漬けも美味しい

CIMG1758_convert_20100114211750.jpg

蟹用に出てきた、フィンガーボールもとっても豪華

CIMG1761_convert_20100114211920.jpg

立派なふかひれとスッポンの丸鍋 リッチで濃厚な味わいのスープで凄く美味しい 体も心も温まります 
生姜と葱の薬味が付いてました。

CIMG1770_convert_20100120095437.jpg

河豚の刺身 僕の大好物ですが、この存在を数年間忘れていました。 久し振りに食べました。

CIMG1772_convert_20100120095534.jpg

これまた僕の大好物 写真がピンボケですが 海鼠腸が大量に出てきました 一人分おそらく なまこ30個分はゆうにあると思います。とても贅沢です。

CIMG1774_convert_20100120095640.jpg

おこぜの唐揚げ

CIMG1778_convert_20100120095846.jpg

CIMG1779_convert_20100120095930.jpg

炊き合わせ 茶色いものはふかだの麩と言っていました

CIMG1780_convert_20100120100028.jpg

牛ロース網焼き 万願寺唐辛子 小玉葱
この量で十分です

CIMG1785_convert_20100120100208.jpg

湯葉御飯 レンコンを擦って揚げた物が乗っていました 写真を撮る前に一口食べてしまいました。

CIMG1787_convert_20100120100456.jpg

漬け物は自家製です。(ならずけ以外は)
なら漬も表面に細かく包丁を入れて柔らかくしてありました。

CIMG1794_convert_20100120100556.jpg
CIMG1795_convert_20100120100644.jpg
蓋を開けると饅頭
桑名の花乃屋の蕎麦饅頭と言っていました
CIMG1796_convert_20100120101306.jpg

抹茶

CIMG1797_convert_20100120101501.jpg

塩入りのお茶 これは嵐山吉兆でも出てきました。

それにしても素晴らしいランチでした

至福の3時間

料理は非の打ちどころがない。 作っている人 凄いです どなたが作っているのでしょうか?

サーヴィス これもまた素晴らしい。大女将 女将 仲居さんたちも素晴らしい。

この店は一朝一夕に出来るものではない これが本物の老舗だと感心させられました。

努力の積み重ねなくしては成し得ない。

僕の中で また行きたいお店ナンバーワンかもしれません、お金さえあれば。

頑張って働いて また行きたいです。

川端清生
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://chefsk.blog115.fc2.com/tb.php/66-2c033a24

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

川端清生

Author:川端清生
kawabata sugao

2014月 9月
テロワール 
ビストロ・ドゥ・カワバタ
東京外神田に開業

新宿調理師専門学校卒業
国内のレストラン、ホテルを経て渡仏
メゾン・マルク・ヴェィラ 3つ星
ジャン・ピエール・ビュー 2つ星
ロアジス 2つ星
ジョルジュ・ブラン 3つ星
パティスリーダニエル・ジロー
4年間のフランス修行後
ホテルやレストランの料理長となる
数々の料理コンクールで優勝

クラブ アトラス理事
国際料理コンクールボキューズ・ドール2003日本代表
フランス料理アカデミー日本支部会員
ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会日本支部会員
国際料理コンクールボキューズ・ドール日本代表選考審査委員
日本ソムリエ協会シニアソムリエ
日本酒利酒師
焼酎利酒師

最新記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。