スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャトーレオヴィルバルトン みつ和GINZA

ボルドーはサンジュリアンのシャトーランゴワ&レオヴィルバルトン家から

ミッシェル・サトーリアス氏をお招きして 第7回 みつ和GINZA ワインの夕べを

11月24日に開催しました。

僕は写真を撮れませんでしたが、内容は飛鳥出版のグルメジャーナル2月号に載せて貰える予定です。

ワインに合う料理を作るため

僕はレオヴィル・バルトンのことをいろいろ調べ、味を知るために自分で2瓶買って飲んで

メニューを作りました。

ここまでしなくても今までの経験で、どんな料理がこのカベルネ・ソーヴィニヨンを72%使った

この素晴らしいワインに合うかは、なんとなく想像できますが、

それでは本当の力はついていかない気がします。

常に全力でやることにより力を確実に付け、

来てくださるお客様にもっと満足をしてもらいたいと思います。

川端清生

2009_11240004_convert_20091127115805.jpg

左から

ミッシェル・サートリアス氏
尾形ソムリエ
ワイン通のお客様で山中湖のオーベルジュ秋桜のオーナー浅見氏







スポンサーサイト

Comment

2009.11.27 Fri 15:39  |  ありがとうございました。

みつ和GINZA 川端料理長 様
こんにちは。
オーベルジュ秋桜の浅見です。
先日は美味しい料理とワインのマリアージュを
堪能させていただき
本当にありがとうございました。
古典的なものも交えた「みつ和」らしい料理と
歴史あるレオヴィル&ランゴアバルトン、
久しぶりに「マリアージュ」を
食べ手となり考え、そして楽しませていただきました。
これがあるからワインは辞められません。
みつ和のソムリエ尾形君とはもう20年来の付き合いですが
その尾形君とワインをキーワードに付き合っている自分が
何となく不思議です。何せ当初私はお酒を飲めませんでしたから。
私は川端シェフのようにフランス本国での修行経験はありませんが
自分なりの「浅見の料理」を追及してまいります。
これからも日々勉強、
またお世話になります。
先ずはお礼まで・・・






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://chefsk.blog115.fc2.com/tb.php/60-b2c1f024

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

川端清生

Author:川端清生
kawabata sugao

2014月 9月
テロワール ・カワバタ
東京外神田に開業

新宿調理師専門学校卒業
国内のレストラン、ホテルを経て渡仏
メゾン・マルク・ヴェィラ 3つ星
ジャン・ピエール・ビュー 2つ星
ロアジス 2つ星
ジョルジュ・ブラン 3つ星
パティスリーダニエル・ジロー
4年間のフランス修行後
ホテルやレストランの料理長となる
数々の料理コンクールで優勝

クラブ アトラス理事
国際料理コンクールボキューズ・ドール2003日本代表
フランス料理アカデミー日本支部会員
ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会日本支部会員
国際料理コンクールボキューズ・ドール日本代表選考審査委員
日本ソムリエ協会シニアソムリエ
日本酒利酒師
焼酎利酒師

最新記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。