スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ボキューズ・ドール2011国際料理コンクール 日本代表選考会 審査員デビュー

11月15日 日本中の応募者の中から選ばれた強豪6名の中から日本代表を決める

国内最終予選がエコール辻東京で行われた。

僕は初審査員で責任重大なので数日前から体調を整えた。

今まで小規模のコンクールの審査員は経験しているが、

今回は何しろ国際コンクールのしかもボキューズ・ドールの日本の代表選手を決める大会だ。

会場審査と料理の仕上がり 味、盛り付け 独創性 技術などを五感を研ぎ澄まして審査した。

この日のために何か月も前から準備した選手の努力がうかがえる、徹夜した日もあったであろう。

制限時間3時間に全てを出し切れるか、

選手の額から汗が流れる、気合を込めた表情と真剣な仕事ぶり 感動的だった。

6人とも健闘し高い水準であったが、

やはり優勝した中洲達郎シェフの料理が一番光っていた。

テーマであるシャラン産の鴨の美味しさが良く出ていた。

鴨の美味しさを十分に出し切れていないかなと感じるものには高得点はつかない

丁寧な仕事と高い技術が要求される

付け合わせ3品とのバランスも非常に大事、相乗効果のある付け合わせでないと意味がない

オリジナリティそしてプラトーに盛った美しさを要求される。

レベルは年々高くなり特に世界大会は信じがたいほどの作品が出てくる。

僕の審査員デビューも無事終わり表彰式の後に大好物のシャンパンで乾杯

中洲選手はこれから2011年1月の本戦まで本当に大変だが、必ず輝かしい結果を出してもらいたい。

おめでとう中洲シェフ

川端清生

CIMG1471_convert_20091117101924.jpg
優勝した中洲シェフと来日した ムッシュ ポール・ボキューズから直々に表彰
CIMG1478_convert_20091117102054.jpg
フランス料理界の神様 ムッシュ ポール・ボキューズと記念写真 がっちり手を握ってくれて感激
右の方はアルザスの3つ星レストラン オーベルジュ・リルのムッシュ エーベルラン
CIMG1460_convert_20091117111722.jpg
中洲シェフの料理 僕が撮影したので写真はイマイチ きれいな写真は月刊専門料理に載ります
CIMG1477_convert_20091117112045.jpg
左から2005年代表の浜田さん中洲シェフの上司です
平松会長
ポール・ボキューズ氏
優勝者 中洲達郎氏
CIMG1474_convert_20091117112140.jpg
プレスの方もたくさん来てました








スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://chefsk.blog115.fc2.com/tb.php/55-6174c5a8

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

川端清生

Author:川端清生
kawabata sugao

2014月 9月
テロワール ・カワバタ
東京外神田に開業

新宿調理師専門学校卒業
国内のレストラン、ホテルを経て渡仏
メゾン・マルク・ヴェィラ 3つ星
ジャン・ピエール・ビュー 2つ星
ロアジス 2つ星
ジョルジュ・ブラン 3つ星
パティスリーダニエル・ジロー
4年間のフランス修行後
ホテルやレストランの料理長となる
数々の料理コンクールで優勝

クラブ アトラス理事
国際料理コンクールボキューズ・ドール2003日本代表
フランス料理アカデミー日本支部会員
ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会日本支部会員
国際料理コンクールボキューズ・ドール日本代表選考審査委員
日本ソムリエ協会シニアソムリエ
日本酒利酒師
焼酎利酒師

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。