感動の嵐山吉兆  後編

今回は8月20日2009年の嵐山吉兆のお昼の料理の続きです。

見ていない方は是非最初からご覧ください。究極の料理嵐山吉兆
CIMG0580_convert_20090822164520.jpg

今まで食べた鮎の中で最高峰の鮎の塩焼き 中が凄く熱々
蓼酢がシャバシャバでなくピュレ状になっており とても良い このアイデアは凄い
CIMG0584_convert_20090826170614.jpg
写真を撮る古屋シェフ
CIMG0583_convert_20090822164754.jpg
おかわりの鮎がまた熱々ででてきた 籠と煙の演出もうれしい
本当においしい鮎です
CIMG0587_convert_20090822164934.jpg
野菜の炊き合わせ 
南瓜 万願寺 おくら 加茂茄子CIMG0588_convert_20090822165100.jpg
鰹節
CIMG0591_convert_20090822165225.jpg
鰻と牛蒡御飯
CIMG0595_convert_20090826170827.jpg
牛蒡ごはんの隣に白いご飯
この御飯は独自の炊き方で蒸らさないで食べる 美味しい・・・2杯食べてしまった。
CIMG0596_convert_20090822165340.jpg
フルーツ
カスタードソースと言っていたが凄くミルキーこれも美味しい
この後抹茶のシャーベットか宇治金時か水羊羹からチョイス
古屋シェフが宇治金時、僕が水羊羹を選んだ
CIMG0604_convert_20090822165633.jpg
宇治金時 初めてみる姿CIMG0603_convert_20090826172143.jpg
水羊羹
最後に塩味のお茶が出ました。

素晴らしい食事でした。
最高の料理を探しに嵐山吉兆にやって来ました。たくさんの感動をもらいました。
一生に一回の体験のつもりで来たのですが、必ずまたここに来ます。
そして一歩づつ みつ和の料理もこの水準に近づけます。

川端清生




スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://chefsk.blog115.fc2.com/tb.php/38-4e800e70

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

川端清生

Author:川端清生
kawabata sugao

2014月 9月
テロワール ・カワバタ
東京外神田に開業

新宿調理師専門学校卒業
国内のレストラン、ホテルを経て渡仏
メゾン・マルク・ヴェィラ 3つ星
ジャン・ピエール・ビュー 2つ星
ロアジス 2つ星
ジョルジュ・ブラン 3つ星
パティスリーダニエル・ジロー
4年間のフランス修行後
ホテルやレストランの料理長となる
数々の料理コンクールで優勝

クラブ アトラス理事
国際料理コンクールボキューズ・ドール2003日本代表
フランス料理アカデミー日本支部会員
ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会日本支部会員
国際料理コンクールボキューズ・ドール日本代表選考審査委員
日本ソムリエ協会シニアソムリエ
日本酒利酒師
焼酎利酒師

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Top