スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すきやばし次郎に行ってきました

2009 1月29日 お昼

一生に一度は行きたいと思っていたお寿司屋

すきやばし次郎

お任せコースをたのみました。

僕が特に美味しかったのは 蛤 いくら 穴子

は少し甘く煮てありその歯ごたえと香り味まさに絶品

いくらってこんなに美味しいんだ 感動です
口に入れ噛むと口中のいろんな場所で小気味よいリズムではじけて行く いくら 弾けると中からミルキーで甘みのある僅かに醤油の香りの液体が心地よく流れ出しシャリと絡み合う その後上品な海苔の香りが鼻から抜ける いくらにノックアウトされた感じ

穴子は口に入れた瞬間、品の良い甘さが広がり噛むごとにシャリと穴子がお互いに混ざり合い
融合していく感じ、こんなに柔らかい煮穴子があるなんて しっかり味があり絶品
飲み込んだと言うより自然に喉の奥に去っていってしまった感じ。

御主人小野二郎さんは80歳を超えているらしい 

こんな凄い人がうちの店のすぐそばにいるなんて

僕も80歳でここまで到達できるのだろうか 来てよかった

絶対にまた食べに行きます。







スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://chefsk.blog115.fc2.com/tb.php/3-26cb946d

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

川端清生

Author:川端清生
kawabata sugao

2014月 9月
テロワール 
ビストロ・ドゥ・カワバタ
東京外神田に開業

新宿調理師専門学校卒業
国内のレストラン、ホテルを経て渡仏
メゾン・マルク・ヴェィラ 3つ星
ジャン・ピエール・ビュー 2つ星
ロアジス 2つ星
ジョルジュ・ブラン 3つ星
パティスリーダニエル・ジロー
4年間のフランス修行後
ホテルやレストランの料理長となる
数々の料理コンクールで優勝

クラブ アトラス理事
国際料理コンクールボキューズ・ドール2003日本代表
フランス料理アカデミー日本支部会員
ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会日本支部会員
国際料理コンクールボキューズ・ドール日本代表選考審査委員
日本ソムリエ協会シニアソムリエ
日本酒利酒師
焼酎利酒師

最新記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。