スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボージョレーヌ-ヴォー解禁

今日 11月の第三木曜日ボージョレー・ヌーヴォーが解禁されます。

僕にとってボージョレー・ヌーヴォーは特別のワインです。

ヌーヴォーとはフランス語で<新しい>の意 つまり新酒のことです。


「ボージョレー・ヌーヴォー」が好きだと言うとまるで軽蔑するようなことを言う人がいますが

僕は好きです。

これを飲まずには年末がくる気がしません。

僕にとっては正月に樽酒を飲みおせちを食べ そのあと七草粥を食べ、節分に豆を食べと続いてゆき

11月にはボージョレー・ヌーヴォーを飲み、クリスマスにはシャンパンを飲み、大晦日には年越しそばを食べ

1年が終わります。 年間行事の1つです。


僕が初めて自分で買ったワインがボージョレー・ヌーヴォーでした、今から28年前です。

そのころ美味しいのかどうか良くわかりませんでしたが、美味しいと信じ飲んだ記憶があります。

僕にとっては特別なワインです。


日本におけるボージョレーはバブルの頃の流行で、美味しくないワインがもてはやされただけと言う人がいますが

何と比較して美味しくないと言うのかな? 高級ワインと比較ですか?

ボージョレーの人たちはそこで産まれそこに育ちそこでワインを作っています。

ボルドーの有名シャトーに生まれた人とどちらが偉いとか無いですよね。

比較すべき物では無い気がします、

いいじゃないですか、楽しく飲みましょう。


フランス4年間の滞在中感じたことの1つに、フランス人は新酒が好きです。

この時期になるといろいろな新酒がスーパーマーケットなどの目立つ所に

ボージョレー以外の新酒も大量に並びます。

ちょうど日本の新茶や新米の様に季節を告げる物のようでした。

日本人も好きですよね走りの物。

ただ日本と違うことは値段が凄く安いこと、

安くて楽しい縁起のいい飲み物と言う感じがしました。

日本は確かに高いです、同じ値段の他のワインと比較すると反対派が出るのも解らなくはないです。


僕は少しの間ですがボージョレーに滞在したことがあります。

地元の人は皆ボージョレーを飲んでいました、それが普通です。

ヌーボー(新酒)ではありませんがボージョレーには10の村名ワインがあります。

ボージョレーのビストロのワインリストにはほとんどボージョレーばかり載っていて

今日はシルーブルにしようとかシェナにしようとか楽しく選んで楽しく飲んでいました。

ピザ屋さんでもワインリストはほとんどボージョレーばかりです

ピザを食べながらでも楽しく飲めるお酒です、そんなボージョレーが僕は好きです。


1992年に僕がブルゴーニュのディジョンで働いていた10月のある日

特別な予約が入りシェフと2人だけで休日出勤をした時に、

シェフが大きなペットボトルに入った紫色の液体を持ってきて 

シェフ「スガオ これなんだか解るか?」

僕「もしかしたらボージョレー・ヌーボーですか?でも今10月ですよね」

シェフ「よくわかったな解禁は11月だけどこれは知り合いのワイン農家からもらったものだ、少し飲んでみるか」

まだ少し濁っていて凄くフルーティーで生の黒葡萄の香りがする気がしました。

まだ完成していないワインジュースの様なものでした。

僕「美味い」

シェフ「美味いだろ仕事が終わったらのもうな」

僕「ウイ シェフ それはいいアイデアですね」

2人で真っ赤な顔して3本あった大きいペットボトルを全部飲んでしまいました。美味しかった。

楽しい休日出勤でした。


名古屋にラ・マルミットと言うシャルキュトリーのお店があります

そこでパテやソーセージを食べながらオーナーのジャン・ルックさんが出してくれるボージョレー・ヌーヴォー

をがぶ飲みするのが僕は大好きでした。

最近は名古屋に行く機会がなく寂しいです。

ボージョレー・ヌーヴォーはもともとは収穫祭を祝い楽しむワインです。

日本でのブームは去ったとはいえ、今日、日本でこんなにワインが親しまれるようになったのも、

このワインの存在が大きかったと思います。

ワインってボトルの中に歴史とか思い出とか生活とかいろんなものが詰まっているようです。


ボージョレー 僕は好きです。

川端清生
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://chefsk.blog115.fc2.com/tb.php/127-891cb016

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

川端清生

Author:川端清生
kawabata sugao

2014月 9月
テロワール ・カワバタ
東京外神田に開業

新宿調理師専門学校卒業
国内のレストラン、ホテルを経て渡仏
メゾン・マルク・ヴェィラ 3つ星
ジャン・ピエール・ビュー 2つ星
ロアジス 2つ星
ジョルジュ・ブラン 3つ星
パティスリーダニエル・ジロー
4年間のフランス修行後
ホテルやレストランの料理長となる
数々の料理コンクールで優勝

クラブ アトラス理事
国際料理コンクールボキューズ・ドール2003日本代表
フランス料理アカデミー日本支部会員
ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会日本支部会員
国際料理コンクールボキューズ・ドール日本代表選考審査委員
日本ソムリエ協会シニアソムリエ
日本酒利酒師
焼酎利酒師

最新記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。